海外FX検証サイト

VirtueForexは安全?メリット&デメリットを調べた結果

海外FX事業者の強みと弱みについて

time 2022/06/25

海外FX事業者の強みとは副業にて投資家が投資を開始した場合、投資家が生み出したマイナス資産を穴埋めすることが認められており強みとしています。
これはゼロカットシステムと呼ばれており、資産がマイナスに転じないよう取引すべてを終了し資産をゼロとする事でマイナス利益を被らないというシステムがあり事業者がマイナスを穴埋めすると言う物です。

日本の場合、このシステムは顧客の損失を穴埋めするという観点から利用できないシステムなので海外FX事業者の強みとなっているのです。このゼロカットシステムについては、口コミなどでも一定の評価を得ていますので機能さえすれば問題なく被害を抑えることが出来るシステムなのです。

しかし、海外FX事業者には弱みもあり、問題とされているのが管理体制で日本のように金融庁が管理していない為、導入しているゼロカットシステムなどがきちんと動作するかなどの他そもそもゼロカットシステム自体が存在していなかったなどFX取引事業者自体の在り方に問題があるのです。

これは何故かというと、言い方を悪く言えばFX事業をだれでも経営することが出来るのが海外の取引所であるためノウハウが無い事業者が経営した場合、FXシステムに備え付けられているはずの機能が機能せず、詐欺であると言われてしまうのです。他にもサポート体制にも問題があり、日本語でのサポートを可能としていますがすべての事業者が完全に日本語で対応することが出来るわけではない為、海外FX事業者はサポート体制にもばらつきがあるのです。

他にも問題点があり、実は日本の金融庁から許可を得ている海外事業者の中には、日本で金融関係の会社を立ち上げ許可を得ている場合が多く、許可を得たのはFX事業ではない他の業務で許可を得た物をFX事業で許可を得たことにしてサービスを提供しているなど問題もあります。

しかしながら、これら問題を踏まえても海外FX事業者は強みがあり入金ボーナスの他に様々な事務手数料の無料化などを可能としています。これらは海外FX事業者によってはFX事業以外の広告収入やその他事業からの収入がある為会社が成り立っており、FX事業者ではありますがFX事業以外にもサービスや商品を展開しているためFX事業に様々なサービスや付加価値を付けることが出来るという強みがあるのです。

逆を返せば、日本のFX事業者は金融に携わる仕事をしてはいるが、その他業種には算出していない場合もある為サービスの幅が狭いと言えるのです。